手洗いの時の定番、石鹸!

自分が使うだけじゃない石鹸のエトセトラ

石鹸がドロドロになっちゃう…そんな時は保管方法に一工夫

昔ながらの固形の石鹸が好きというこだわり派の方もまだまだたくさんいるのではないでしょうか。
でも、お風呂などに置いておくとだんだん柔らかくなってきて、最後にはドロドロになってしまう…なるべく最後まで綺麗に使う為に保管に幾つか工夫をしてみしょう。
まず石鹸を使いやすい範囲で小さく切る事。
固くて切りにくい時は電子レンジで温めると切りやすくなります。
使わない方はラップに包んで保管して下さい。
そして、使い終わった後は良く水を切る事!ソープディッシュも底面の水切り穴が大きいものがベターですが、手持ちのものに幾つか輪ゴムを掛けても水切り力がアップします。
ウレタンで出来たメッシュのものもお勧めです。
置く時も、なるべく面積が小さい面を下に向ける方が早く水切りが出来ます。
ネットに入れて吊るしておくのも良いですが、ソープディッシュもネットも水が掛からない所に置くのが基本です。
使い終わったら、素早く水切りし乾燥させる事が長持ちの秘訣です。

石鹸の品質を損なわない保管について

石鹸は用途の性質上、水にぬれた状態で放置されることがあります。
また、洗面所や浴室など、湿気が多い場所に置かれることも多いのでカビや腐敗に注意する必要があります。
特に天然成分を配合している石鹸は脂肪分が劣化しやすく、洗浄力が落ちてしまうケースもあるので保管の方法には細心の注意を払うことが大切です。
一般に使用されている保管用のケースは湿気を籠らせるため、却って劣化を早めてしまう可能性があります。
表面の水気を綺麗に拭き取り、部屋の寒気を十分に行って乾燥させた状態に保つことが品質を維持するための心得です。
また、カビの発生や腐敗を防ぐために、市販されている石鹸は使用する量だけを削り取るように心がけます。
また、含有成分が異なる複数の製品を混ぜると油脂が固まるなどのトラブルが発生する可能性があるので避けます。
体の汚れを綺麗に取り除く用途があるので、衛生管理に気を配ることが良好な状態で長く使い続けるための条件です。

「石鹸 保管」
に関連するツイート
Twitter

COPYRIGHT 2015 毎日の石鹸 ALL RIGHT RESERVED